Skypeの会議機能のご紹介

Zoomにセキュリティーの問題が見つかり、一部の国や地域、法人にて使用を控えるように案内がありました。
また、アップデートを適用するとセキュリティーの問題点は改善しますが、リンクを送る、パスワード無しでの入室などに制限があり、使い勝手が悪くなったと感じるかも知れません。

その一方で、マイクロソフト社のSkypeでZoomミーティングと同様の機能が提供され始めました。

本記事では、Skypeをアカウントなしでも参加可能な、会議機能をご紹介いたします。

事前準備 アプリの更新

Skypeのバージョンが「8.58.0.98」より下の人は最新版のSkypeをダウンロードしてインストールしてください。
www.skype.com/ja/
の「Skype for Windowsをダウンロード」リンクでエンターを押し、各ブラウザの指示に従い、ダウンロードし、インストールしてください。

Skypeの会議の説明と使い方

Skypeの会議を使用すると、共同作業スペースを簡単に設定して、SkypeのユーザーやSkypeを使っていない友人や家族を招待できます。 参加者は、アカウントがあるかどうかにかかわらず、会議に簡単に参加できます。

招待のを送り会議を開催する

1.Skypeを起動し、サインイン後、Alt+1を押し、会話リストに切り替えます。
2.Shift+Tabキーで「会議」ボタンを選び、エンターを押します。
3.Tabキーで「リンクをコピー」を選択し、エンターを押します。
4.OutlookやThunderbirdなどのメールアプリを起動し、招待を送りたい相手へのメールにコピーしたリンクを貼り付けて送信します。
例文
ただいまよりSkypeで会議を行います。
下記よりアクセスしてください
join.skype.com/example****
5. Alt+TabでSkypeに戻ります。
6.Tabキーで「通話を開始」でエンターを押します。
7.メールを受け取った人がメールのリンクより参加すると、通話がスタートします。
8.通話が終わったら、TabキーまたはShift+Tabで通話を終了ボタンを選びエンターを押すか、Ctrl+Eで通話を終了します。

招待を受けて会議に参加する

1.メールで招待が届きます。
2.メールを開き、メール内のURLを選び、エンターを押します。
(例:https://join.skype.com/example****)
3.ブラウザが起動し、「会話に参加」と読まれます。
4.Chrome(Chromium版Edge含む)では左矢印で「Skypeを開く」を選び、エンターを押します。FirefoxではTabキーを押し、アプリ名が「Skype」にフォーカスが合っている事を確認し、更にTabキーを押し、「リンクを開く」を選び、エンターを押します。
5.スカイプが起動するので、Tabキーで「通話に参加」ボタンを選び、エンターを押します。
6.数秒で通話が始まります。
7.通話が終わったら、TabキーまたはShift+Tabで通話を終了ボタンを選び、エンターを押すか、Ctrl+Eで通話を終了します。