Webexの使い方(主催者編)

初めに

WebexはJAWSを正式サポートしたウェブ会議ツールです。
アカウントを作成していない方は、Webexの使い方(主催者用 初期設定編)を参照してください。
Google Chromeや最新版のMicrosoft Edge(Chromium版)のウェブアプリケーションの方がNVDAとの親和性が良い為、ウェブアプリ版、デスクトップアプリ版の操作方法の順で記載します。
尚、デスクトップアプリ版では、NVDAではボタン部分で数字を読み上げたり、ボタン名の後に延々と説明や数字を読む部分があり、内容がわかりづらい場合や冗長になる事があります。

ウェブアプリ版

1.Webex公式ページ https://cart.webex.com/ を表示し、サインインします。
2.ミーティングリンクをコピーし、相手に送ります。
3.ミーティングを開始するボタンの次の「クリックトゥーオープンザドロップダウンリスト」を選び、フォーカスモードにします。
4.エンターを押し、下矢印で「ウェブアプリ」を選び、エンターを押します。
5.ミーティングを開始するボタンでエンターを押します。
※リロードが必要になる事があります。
※初回時はマイクとカメラへのアクセスの許可を求められるので、許可でエンターを押します。
6.ミーティングを開始するボタンでエンターを押します。
7.相手が参加すると通話開始されます。
8.しばらく操作しないとボタン類が消えるので、Ctrl+Alt+Shiftを押すと再度表示されます。
9.終了するには、退出メニューから、ミーティングを終了でエンターを押します。
10.確認画面で再度「ミーティングを終了」でエンターを押すとミーティングが終了します。

デスクトップアプリ版

1.Webexを起動する
2.「URLをコピー」ボタンでエンターを押す。
3.メールアプリを起動し、リンクを貼り付け、相手に送ります。(各メールアプリの操作説明は省略します)
4.Webexに戻り「ミーティングを開始」でエンターを押します。
5.「○○’s Personal Room これは自分のビデオビュー…」でエンターを押す。
6.相手がURLを開くと待機室に入ります。
7.許可ボタンからShift+Tabで1つ戻ったチェックボックスチェック無し番号の羅列の部分を選び、NVDA+Rを押すと参加者名が読まれるので、エスケープを1回押し、招待者で間違いなければ許可ボタンでエンターを押します。
8.通話が開始します。
9.ミーティングを終了する場合、Altキーを押し、ファイルメニューから「ミーティングを終了」でエンターを押します。
10.Alt+F4でアプリを閉じます。