Microsoft Teamsで、Teamsアカウントなしでゲストとして参加する

初めに

本記事では、Teamsアカウントを持たないユーザーがゲストとして参加できる機能を紹介しています。
本記事はリンクを送られた参加者側の操作です。
招待を送りたい側の人はMicrosoft Teamsで、Teamsアカウントを持たないメンバーを会議に招待するをご覧ください。
Microsoft TeamsをNVDAを含むスクリーンリーダーで使用する方法については、Microsoft公式ページを参照してください。。
スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams を参照して移動する – Office サポート
アプリをインストールして使用する方法と、一部の機能が制限されますが、ブラウザから使用する方法の2通りの方法があります。

アプリで参加する

1.招待メールのリンクを開きます。
2.Microsoft Teamsを開きますか?のダイアログが表示されます。
※インストールされていない場合、「Teamsアプリをダウンロード」からインストールしてください。
3.Tabキーで「Microsoft Teamsを開く」でエンターを押します。
4.Microsoft Teamsウィンドウと読まれるので、TabキーまたはShit+Tabキーでビデオを有効にするトグルボタン、マイクを有効にするトグルボタンを確認し、必要に応じて設定します。
5.会議に参加するボタンでエンターを押します。
6. 退出するには「切断」ボタンでエンターを押します。

備考1)会議に参加するボタンでエンターする前に、Tabキーで進み、ビデオを有効にするトグルボタン、マイクを有効にするトグルボタンを確認出来、押されています、押されていませんなどの読みがあります。
さらにTabキーで進んで設定ウィンドウでエンターを押すと、画面に設定ウィンドウが開きます。Tabキーを押して設定ウィンドウまで移動出来ます。オーディオデバイス、スピーカーマイク、テスト通話を開始、カメラの選択がリスト形式で可能です。リストでエンターして上下矢印で項目を選択可能。デバイス名の読み上げがあります。
備考2)Windows+Dでデスクトップを表示した後にTeamsに戻ると読み上げがなくなる事があります。※「Microsoft Teamsを開く」を押した直後にこの状態になっていることもある。
Alt+スペースを押し、システムメニューからTeamsを「最大化」でエンターキーを押すと、再度読み上げがされるようになります。
最大化が使用不能の時は一旦「元のサイズに戻す」を行い、再度最大化してください。

招待を受け取り、ブラウザから会議に参加する

最新版のMicrosoft Edge及び、Google Chromeにて動作確認を行っております。
Firefoxでは、「代わりにWeb上で参加」の部分に「Microsoft Edgeで参加」ボタンになる事に注意が必要です。

1.主催者から招待メールが届きます。
2.リンク「Join Microsoft Teams Meeting Learn more about Teams」部分でエンターキーを押します。
3.「Teamsアプリをダウンロード」「代わりにWeb上で参加」「今すぐ起動する」の中から、「代わりにWeb上で参加」を選び、エンターキーを押します。
4.マイクやビデオへのアクセスへの許可が求められるので許可します。
5.名前の入力やビデオを有効にするトグルボタンのオンオフなどを適宜行い、「会議に参加する」ボタンを押します。
5.ロビーに通されるので、主催者が許可すると会議室に入室出来ます。
6.終了または退室する場合「切断」ボタンを押します。
7.ブラウザは開いたままなので、完全に終了するにはブラウザを閉じます。