Zoomのスケジューリング機能の使い方

ミーティングスケジュール機能でミーティングを開催する

スケジュール機能を使うと、事前にミーティングURLを送っておき、開催時刻にURLから参加していただけます。

スケジューリングの操作方法

各項目の移動はTabキーで次へShit+Tabで前へ移動できます。

1.Zoomを起動し、メールアドレスを入力し、Tabキーでパスワード欄に移動し、パスワードを入力し、続いてTabキーでサインインボタンを選び、エンターを押します。
2.Tabキーで「スケジュール」ボタンを選び、エンターキーを押します。
3.ミーティング名のエディットになりますので、ミーティングの名前を入力します。
例:NVDAでのZoomの使い方講座
4.Tabキーを押して行くと「マンス○月スピンボタン」「デイ○○スピンボタン」「イヤー○○年スピンボタン」と読まれるので、上下矢印キーで各項目を選択し、次の項目に移るには更にTabキーを押します。
5.時間はドロップリスト形式なので、左右キーで時分を選択し、上下矢印キーで数値を変更します。
6.期間のコンボボックスは時間と分が別になっており、Tabキーで移動し、上下矢印キーで数値を設定します。
7.「定期的なミーティング」のチェックボックスは定期開催のミーティングではスペースキーでチェックを入れ、1回のみのミーティングではチェックなしのままにします。
8.「タイムゾーン」は日本国内で開催の場合大阪、札幌、東京のままにします。
9.「ミーティングID」は個人IDを使用するか、自動生成するかを左右矢印キーで選べます。
セキュリティー面を考慮した場合、自動生成を使用する方が安全です。
10.ミーティングパスワード必須のチェックはスペースキーで設定可能です。
チェックを入れてTabキーを押すとパスワードの設定用入力欄になります。
※パスワードを複雑にし過ぎると参加者が参加しづらくなることもありますので、注意が必要です。
※セキュリティー面を考慮した場合、ZoomBombing(悪戯電話的に手当たり次第Zoomミーティングに乱入される)被害防止にパスワードがあると安全性が向上します。
※SNSやホームページなどにはパスワードを含めて公開しないでください。
11.「ビデオ ホスト」と「ビデオ 参加者」はそれぞれ左右矢印キーでオンオフの選択ができます。
参考情報:晴眼者が多いミーティングではビデオありが好まれますが、通信負荷が大きくなりやすいので、ネットの混雑する時間帯には不安定になる事があります。
晴眼者とのミーティングで室内の様子を見られたく無い場合などはホスト側のビデオはオフにする事をお勧めします。
12.「オーディオ」左右矢印で「コンピューターオーディオ」、「電話」、「電話とコンピューターオーディオ」の選択が可能です。
【重要】無料アカウントでは常時、有料アカウントでも初期状態の招待メールではアメリカのダイヤルイン番号になりますので、電話番号部分を「03-4578-1488」または「0524-56-4439」に置き換えてください。
13.「カレンダー」は必要に応じて左右キーで選択します。
14.「詳細オプション」は必要に応じて選択可能です。「非表示中」と読まれている時はエンターを押すと以下の項目が表示され、Tabキーで選択し、スペースキーでチェックのオンオフが可能です。

  • 待機室を有効化 待機室が有効の場合、参加者が参加したらF6キーを押し、許可ボタンでエンターを押すまで参加、発言できなくなります。
  • ホストより前の参加を有効にする チェックを入れるとホストより先に参加者が入れるようになります。
  • エントリー時に参加者をミュート チェックを入れると参加者は参加した瞬間からミュート状態になります。大人数でのミーティングや講義で役立ちます。
  • ミーティングをローカルコンピューターに自動的にレコーディングする チェックを入れると、ドキュメントにZoomフォルダーが作成され、自動的にレコーディングされたファイルが残ります。

12.OKボタンでエンターキーを押すとスケジュールが完了します。
13.Tabキーで「クリップボードにコピー」ボタンを選び、エンターを押します。
15.お使いのメールアプリを起動し、貼り付けて参加者に送ります。
【重要】無料アカウントでは常時、有料アカウントでも初期状態の招待メールではアメリカのダイヤルイン番号になりますので、電話番号部分を「03-4578-1488」または「0524-56-4439」に置き換えてください。

ミーティング日時になったら

1.Zoomを起動し、メールアドレスを入力し、Tabキーでパスワード欄に移動し、パスワードを入力し、続いてTabキーでサインインボタンを選び、エンターを押します。

2.Tabキーを1回押し「ホーム」、「チャット」、「連絡先」の何れかが読まれたら左右矢印キーで「ミーティング」を選びます。
3.Tabキーで開始ボタンを選び、エンターを押します。
4.「コンピューターでオーディオに参加」ボタンでエンターキーを押します。
5.参加者が参加すると会話ができます。
※スケジュール作成時に「待機室を有効化」にチェックを入れてあり、待機室が有効の場合、参加者が参加したらF6キーを押し、許可ボタンでエンターを押すまで参加者は発言や視聴ができなくなります。
※ミーティングを開始してしばらく待っても参加者が参加できない場合は電話等で連絡し、適宜通話でのサポートを行います。

Zoomで使用できるショートカットキー

  • F6: ポップアップしたパネルのフォーカスを移動
  • Ctrl+Alt+Shift: Zoomにフォーカスを移動する
  • ESC: 全画面表示を解除
  • PageUP/PageDown: ギャラリービューのとき、次の25人を表示 / 前の25人を表示
  • Alt: コントロールツールバー常時表示のON /OFF
  • Alt+F1: スピーカービューに切り替える
  • Alt+F2: ギャラリービューに切り替える
  • Alt+V: ビデオのON / OFF
  • Alt+A: ミュートのON / OFF
  • Alt+M: 全員をミュート / ミュート解除(ただし、ホストを除く)ホストだけの機能
  • Alt+S: 画面共有の開始 / 終了(ただし、コントロールツールバーにフォーカスされている時)
  • Alt+Shift+S: 新しい画面共有の開始(ただし、コントロールツールバーにフォーカスされている時)
  • Alt+T: 画面表有の一時停止 / 再開 (ただし、コントロールツールバーにフォーカスされている時)
  • Alt+R: ローカルレコーディングを開始
  • Alt+C: クラウドレコーディングを開始
  • Alt+P: レコーディングの一時停止 / 再開
  • Alt+N: カメラを切り替える
  • Alt+F: 全画面表示のON / OFF
  • Alt+H: チャットパネルを表示 / 非表示
  • Alt+U: 参加者パネルを表示 / 非表示
  • Alt+I: 招待ウィンドーを表示する
  • Alt+Q: ミーティングを終了する

終了の仕方

1.Alt+Qを押すか、Tabキーで「ミーティングを退出」でエンターを押します。
2.Tabキーで「全参加者のミーティングを退室」を選びエンターを押します。
3.「Zoom」アプリを完全に終了するには、Alt+F4で閉じます。